ロシアが解る 市場とロシア人調査


資源量ポテンシャルと開発・生産現況を概観

国際エネルギー機関(IEA)や米国エネルギー情報局(EIA)など21世紀は天然ガスの黄金時代になると異口同音に唱えている。

シェールオイルの供給増による世界の原油価格の下落は、世界経済の将来に大きな影響を及ぼします。同じコストでより多くの生産が可能になるからです。

シェールガスは世界で生産されるにつれて徐々に高まり、2035年には世界のGDPが2.3〜3.7%上昇すると予測されます。これはGDPの規模にして英国と同等の経済規模が世界に加わるようなものです。

石油、天然ガス、石炭などの化石燃料の中で、CO2排出量が比較的少ない天然ガスはこれからの低炭素社会における電源の切り札とならざるを得ないといわれています。北米では顕著にシェールガス開発ブームが加速しています。

既に米国で非在来型ガス資源とされていた「シェールガス」の生産量が2007年頃から急増し始め、2011年には2,150億立方メートル(日本のLNG輸入量の2倍に匹敵する量)に達しており、全米ガス生産量の1/3を占める規模に膨れています。

過剰な天然ガスの供給が3012年中ごろから、米国内の天然ガス価格が熱量百万Btu当たり3ドルを割るほどに下がり、日本のLNG輸入価格の1/5と安いのです。そ
こで、国内の発電、電力多消費型産業界は石炭を止めて天然ガス火力発電にシフトの様相を呈しています。

米国のシェールガス生産量は2005年頃から徐々に増加しはじめ、2012年9月現在、26.3Bcf/d(年率9.6Tcf、LNG換算約2.0億トン) で米国の天然ガス生産量の約40%を占めるまでになりました。しかし、天然ガス増産により2011年中頃からガス価格が低下しシェールガス開発はスローダウン、代わって同じ技術を使ったシェールオイル

開発がブームとなって、米国の原油+NGL生産量が急激に伸び、 2012年11月現在、約890万B/dで、原油輸入量は約730万B/dと急減している。2007年から2008年頃の生産量約690万B/d、輸入量約1200万B/dと比べるとその変化の大きさ、速さは想像を絶する。このようなシェールガス・シェールオイル開発現状からして石化産業

までがナフサを止めてメタン、エタンを原料にシフトし始めました。この産業構造が大きく変革するかもしれません。





ASEAN

日本の影響力は過去のものか安全保障は米国、経済は中国となった。時代とともに役割が変わり米国を排除していたアセアンも大きく変容した。その原因は果たして何なのか、留学生の数から見ても2005年をピークに数年は減少したものの2008年には上向いている。円高が日本留学への足かせとなったこともあるがその分海外の一人当たりのGDPが伸びていることで日本への留学者の数は伸びている。グローバル化の中、国際理解が重要な課題であるならばもっと沢山の若者に日本で学んでほしいところです。更に留学後は日本企業で技術を学び日本企業を自国に誘致することも可能である。


 




教育は重要な国の潜在能力

教育は国家事業である。教育レベルに関する調査ではアジアでは韓国、香港、日本、シンガポールの順で世界ランクでは1位はフィンランド、ロシアは20位である。
(OECD: 2009)教育力=国力とは言い切れないが民主制国家は衆愚政治になやむ、選挙や政治の方向性もポピリズムに流されやすい。ポピリズムが悪い意味ではなく良い意味となればいいのだが、また日本の大学教育にも問題がある、勉強もせず卒業できると海外では評判が良くないようである。上記は収入面からみてもロシアの教育費はかなり高い、留学生が多いのも特徴である。


 

経済と人口バランス

ピラミット型は国の成長に重要でありインドは理想的な形でありその面では将来に期待が出来る。





金融機関

ロシアの銀行は連邦中央銀行が通貨の安定を管理しロシア貯蓄銀行は2万か所の支店を持ちソチオリンピックのローカルスポンサーにもなっている。民営銀行も多くなり現在11,000行あり、ズベルバンク、ブネシェルトバンク、アルファバンクが上位である。日本企業の進出によりみずほコーポレット銀行(旧富士、第一勧銀】東京三菱、三井住友の順で進出している。主な取引はドル、ユーロでおこなわれているが日本の一部銀行ではルーブル建て決済に応じている。

 


 


ロシア人民族の性格や特徴(ビジネスには必読)

環境が大いに影響することはあきらかです、ロシア民族とは、東スラブ諸語を話す東スラブ族の一つの民族であり、母語はロシア語である。ロシア民族は、ロシア連邦とCIS諸国に多く居住している。2002年の調査ではロシア連邦内のロシア民族の人口は1億1千万人を超え、ロシア連邦におけるロシア民族の割合は80%を超え、ロシア連邦以外では、ウクライナ(国民全体に占める割合約17%)、ベラルーシ(同左11%)など旧ソビエト連邦構成国に多く居住している。

ロシア民族の特徴として、まず体格がよく持久力に優れており、スポーツや学問、芸術などに優れた才能を発揮していることが一般的に挙げられる。 また、プライドが高い、スキンシップを好む、時間にルーズ、といったこともロシア民族の特徴として挙げられている。ロシア民族の特徴に影響を与えたものの一つとして、その歴史的要因が挙げられる。ロシアは多くの外敵との戦いを経験してきたことにより愛国心が強く、指導者に強いリーダーシップを求めるというロシア民族の特徴が形成された。

また過去の農奴制度もロシア民族の特徴に影響を与えており、地主の所有であった農民はわずかな自分の時間を大切にするため、地主のための仕事では全力を出さず力を温存していたため、労働に対する考え方も「自分のため」と「誰かのため」の間に大きな意識の違いがある。また、ロシアでビジネスを行う際に、次のロシア民族の特徴を理解しておく必要がある。ビジネスにおけるロシア民族の具体的な特徴として、上司に対して強いリーダーシップを求める、仕事が上手く進まない事を他人のせいにする。

「自分のため」の仕事と一度認識した際の積極性、責任を一人で取らない、といったことが挙げられる。また、仕事上のつきあいにおいても人間同士の信頼関係を大切にする、個人の経済的成功をあまり評価しない、長期的案件よりも短期的に結果の出る案件を好む、行動・意思決定までに長時間が掛かる、といったこともロシア民族の特徴と言える。ロシア人の特徴として、まず体格がよく持久力に優れており、スポーツや学問、芸術などに優れた才能を発揮していることが一般的に挙げられる。

また、プライドが高い、スキンシップを好む、時間にルーズ、といったこともロシア人の特徴として挙げられているロシア人の特徴に影響を与えたものの一つとして、その歴史的要因が挙げられる。ロシアは多くの外敵との戦いを経験してきたことにより愛国心が強く、指導者に強いリーダーシップを求めるというロシア人の特徴が形成された。また過去の農奴制度もロシア人の特徴に影響を与えており、地主の所有物であった農民は少ない自分の時間を大切にするため、地主のための仕事では全力を出し切らず力を温存していたため、労働に対する考えも「自分のため」と「誰かのため」の間に大きな意識の違いがある。また、ロシアでビジネスを行う際に、次のロシア人の特徴を理解しておく必要がある。

ビジネスにおけるロシア人の具体的な特徴として、上司に対して強いリーダーシップを求める、上手く進まない仕事を他人のせいにする、自分のための仕事と一度認識した際の積極性、責任を一人で取らない、といったことが挙げられる。また、仕事上のつきあいにおいても人間同士の信頼関係を大切にし、個人の経済的成功をあまり評価しない、長期的案件よりも短期的に結果の出る案件を好む、行動・意思決定までに長時間が掛かる、といったこともロシア人の特徴と言える。外国人に対するロシア人の特徴としては、冷戦時に育った年代は外国人を警戒、遠慮する傾向があるが、若い世代は外国人に対して好奇心、関心を持っている。また、外国人に対して自分を良く見せようとする事もロシア人の特徴です。








ロシア観光と空港

ドイツとは過去にソ連に侵攻し2000万人の犠牲者を出したと言われているが、東西ドイツの統一をへて、更に両国の経済交流も活発化した。

ロシアには140以上の空港があり、モスクワのドモジェドヴォ空港が最大のロシア空港で、次いで同じくモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港が2番目に大きいロシア空港である。外国の航空会社の多くは現在ドモジェドヴォ空港に乗り入れ、CIS諸国やヨーロッパの乗り継ぎ便を運航しています。ヨーロッパ主要都市へは、ベルリン、ウィーン、ロンドン、マドリード、ジュネーブ、リスボン、バルセロナなどへ定期就航している。その他のロシア空港からも欧州各地に就航している。

最大のロシア空港であり成田からの便が就航しているドモジェドヴォ空港は1975年に営業開始し、その後ターミナルビルや施設に積極的な投資を行った。その結果、それまで主要なロシアの国際空港であったシェレメーチエヴォ国際空港も急ピッチで工事が進められているが、国際線がドモジェドヴォ空港に移動され、現在では最大のロシア空港となった。

日本からは日本航空が2007年12月よりドモジェドヴォ空港に乗り入れている。またアエロフロートロシア航空は成田からシェレメーチエヴォ空港に乗り入れている。その他に日本から4箇所のロシア空港に乗り入れいている。アエロフロートロシア航空による成田−サンクトペテルブルク(現在休航中)、ウラジオストク航空がウラジオストクから新潟、富山、成田に、サハリン航空がユジノサハリンスクから千歳、函館へ、シベリア航空がイルクーツクから新潟へ就航しています。


大統領の支持率

強いものをリーダーに求める。好きか嫌いかは別の問題というところがロシアの国民性です。昨年の選挙前の支持率はかなり低かったのですがいざ選挙で支持を勝ち取ったのはプーチン大統領でした。