ロシアで販売
医薬品、健康食品、コスメティックの販売をしてみたい。

 

ロシアCISの国々から日本製品の希望があります。・・・・・・弊社副理事長(在ロシア)より

ロシアで医薬品、サプリメントなどを販売したい、コスメティック製品を販売したいという企業様が、ございましたらお気軽にご連絡をください。


弊社に現在、ロシアにおいて大規模販売会社より、日本で作られた健康食品をロシア国内で販売したいという依頼が寄せられております。

また、弊社はロシアにおいて医薬品などの承認業務を行っております。ロシアで実績と経験のあるOMDに是非ともご依頼ください。またデストリビューターや販売のご紹介もいたします。

弊社の事業は主に製薬会社様や医療機器や製造機械製造企業様などの海外進出支援コンサルタントを行っています。
当法人の企業理念と合い、かつロシア市場やCIS市場で販売をしてみたいという自社ブランドなどをお持ちの企業様をご紹介いたしたく、募集をいたします。

弊社は販売から物流にいたるまでご支援致します。

 お気軽に、ご連絡下さいますようご案内申し上げます。


(モスクワ2013年 ドラックストアー)



モスクワ市内ドラックストアー  大型スーパーにも併設している。 2013/4

医療用器具など

販売希望の方は下記項目をお知らせ頂くと助かります。

@販売希望の商品名
A成分(ロシアで販売出来ない成分があります)重要
B最小ロット
C有効期限
D日本国内販売価格、効能ななどメール または 電話 03-3560-2371 ロシア担当まで

homeへ

mail

 

最新資料は会員のみ閲覧可

調査会社EMGStarayaKrepostによると、2004年〜2007年は10%〜12%の平均した2けたの成長率を遂げている。ロシア化粧品市場は国際的展開を目指すブランドから投資を誘致しました。しかしながら、この成長は2008年5.5%に、2009年は8%なると予測されている。全身美容販売は2009年に93億ドルに達するとEMG Staraya Krepostは推測している。

しかし、タチヤナ・プチコバ(ロシアのPerfumery Cosmetic Associationの議長)は、この減速は上位のブランド(中産階級によって大幅に消費される)が最も影響を受けると述べている。調査会社ACNielsenによると、15歳〜64歳のロシア人女性は、2007年度について平均240ドルを化粧品購入に費やし、ロシア人女性の購買費用は、世界で6番目となっている。調査会社ACNielsenのアンケート調査では、購入の動機理由として、友人(62%)、ブランド評判(58%)、ブランド信仰(49%)、価格(49%)、無料見本(29%)、および広告(24%)となっている。国際的な化粧品プレーヤーはその領域で強い足掛かりを確保し例えば、Procter and Gamble、L'oreal and Avonはロシア化粧品市場の23%のシェアを確保しフランスのグループL'orealは、2007の販売は30%以上伸びたと述べています。

EMG StarayaKrepostによると、ロシアのすべての化粧品の約58%が輸入。ロシア現地メーカーは42%。ヨーロッパブランドはロシアで重要な役割を果たします。ロシアの美の市場を想像しているのはOxana Gorshkova、Lotos(ロシア)の分類ディレクターの話しでは、「L'Oreal, rsdorf,が最もいい成績を残しています。また、ヨーロッパ市場ニーズを踏まえて、自然ベースの製品の人気も、新しいセクターとしてロシアで上昇中です。2007年12月に、BeekeepingとApitherapyはロシア政府によって所有されている。
Bashkiriya Scientific Researchセンターは、Volshebnaya Pchela(蜂の妖精)という商標ではちみつ関連の成分に基づくラインを開始ました。

更に、NC Labは2008年にイタリアの会社のPlanter's Aloe Vera brand の確立に成功。loeヴェラは現在、500の店舗と薬局の代理店を持っています。
2008年にも、NC LabはFlaxとの協力に入って、ギリシアの会社の自然化粧品を販売。
エカテリーナOvanesova(NC Lab最高責任者によると、結果はかなりの上向きです。有望な販売チャンネルとして薬局チャンネルは、ロシアでは著しい成長を続けています。専門家は、この市場が2009年までに7.5億ドルに達すると予測しています。

例えば、モスクワ市場の20%を持つ最も大きい薬局チェーン36.6、 Riglaのシェアは次の2年間で30%まで成長すると予測されます。この傾向はACNielsenによって行われた調査でも裏打ちされています。ACNielsenは、ほとんどのロシア人がドラッグストア(78%)、専門店(65%)で化粧品を買うのを好むのという調査結果(複数回答)を示しました。スーパーマーケット(47%)、インターネット(18%)で化粧品を購入。しかしながら、化粧品における健全な販売にもかかわらず、小売の場合は困難です。名高い小売業者アルバートPrestigeの劇的な下落はアリーナを変更しました。セルゲイNesterchuk(小売業者Tsum管理会社の香水と化粧品売り場の代表)は、西洋の会社が結局、市場を占有してロシアのサプライヤーを選択するかもしれないと恐れます。ロシア女性のケアに対する関心事は環境、偏食、喫煙、アルコールのようです。

一般社団法人 OMD Copyright 2011.All rights reserved